芸術の成る木


ひとつの世界 愛の源へ還る道


はじめにお読みください

芸術の成る木へ




‐宇宙と愛の法則について‐


愛によって世界は創られ
新しくなっている。

ひとつへと大きく変化する時が今、このときですから
真実を見極め
本来の愛を分かってゆくことを願ってみましょう。
そうすると本来の道を歩むことができるようになるのです。

そう、つまり意識が愛を育て
意志力をつかって前に進むようになっているのです。
それが宇宙と愛の法則です。



ひとつの世界とは、こころがひとつになっている世界です。
私たちは様々な場所で、様々な人達と暮らしています。
その中で、泣いたり、笑ったり、時には怒ったりしながら、
お互いのこころがひとつになっていたり、バラバラになっていたりしますね。
しかし、ひとつの世界というのは、こころがひとつになっている世界です。
それは、私たち一人ひとりの世界から始まり、
家族、地域や社会、国、世界中へと広がるコミュニティーです。

そして、沢山の世界がひとつになって、また統合されて大きなひとつが生まれます。
私たちは源の目的を生きることによって、
そのようにひとつの世界を生きることが出来るようになっているのです。
お互いに愛し合い、喜び合い、愛を分かち合いながら、ひとつとして生きられる世界です。

そしてそこから、新しい文化芸術が生まれるようになるでしょう。
それは、私たちが本来の源として生きることによって表現される新しい芸術です。
そこに、あなたの夢を表現してみてください。
何も悩むことはありません。
本来の自分をそのまま表現すれば、それが芸術として成るのです。

なぜならば、私たちは源から表現された芸術(あい)だからです。
誰もが、源の目的と一致する時、夢は叶うようになっています。
ひとつという完璧な姿を顕してこそ、芸術は完成します。
過去の芸術(せかい)には無かったもの、それこそが源なのです。
今こそ文化芸術の力によって、新しい未来を創造してゆく時です。

皆さんも今すぐ、ひとつの世界を始めることができます。
それが、SPでご紹介されている名古屋講演会です。


TORU








芸術の成る木
since November 22nd. 2003


芸術の成る木HPは「SP世界をひとつに」からの繋がりです。







このエントリーをはてなブックマークに追加